血栓の原因|予防に役立つ食事や運動法を紹介!

血栓とは一体何?原因と症状を教えて!

血栓とは血中の悪玉コレステロールや中性脂肪の数値が高くなることが原因で血管内にできる血液のかたまりのことで、血栓ができると血液の流れが悪くなり動脈硬化の症状を引き起こしやすくなります。
動脈硬化とは血管が狭くなったり硬くなったりして血液の循環が悪くなる疾患で、動脈硬化の症状が進行すると狭心症や心筋梗塞などの心臓病や脳梗塞や脳出血などの脳卒中などの重大な病を発症させてしまうリスクファクターとなってしまいます。

ですので、早めに適切なケアをして血栓というリスクファクターを取り除くことが大切です。
血栓ができる原因は、高脂血症です。高脂血症とは悪玉コレステロールや中性脂肪の数値が基準値をオーバーした状態で脂質異常となります。
高脂血症に高血圧の症状が加わると動脈硬化のリスクが格段にアップしてしまいますので注意が必要です。

高脂血症の原因としては脂質の過剰摂取や栄養バランスの偏りや運動不足や喫煙などがあります。高血圧の原因としては塩分の過剰摂取などがあります。
血栓の自覚症状にはむくみや痛みなどがありますが、自覚症状がない場合もあるので栄養バランスを意識した健康的で質の良い食生活を心がけることが重要なカギとなります。
肥満を予防するために適度な運動を生活の中に取り入れて代謝の良い体をつくることも大切です。

血栓

血栓を予防するにはどんな食事や運動をしたらいいの?

血栓を予防するためには質の良い食事と適度な運動の習慣が必要不可欠です。
血栓ができる原因としては、食生活の乱れによる栄養の偏り、肥満、喫煙、アルコールの過剰摂取、運動不足などがあります。
これらの原因により血中の中性脂肪や悪玉コレステロールの数値が高くなると血栓ができやすくなります。

それに高血圧の症状がプラスされると動脈硬化を引き起こしてしまう危険もあります。
動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血管の疾患で、生活習慣病の代表格です。ですので、生活習慣を改善させて予防に努める必要があります。
血栓を予防するための食事としては、脂肪分や塩分の摂取を控えるということが大切です。

脂肪分の過剰摂取は中性脂肪や悪玉コレステロールの数値を高めてしまいますし、塩分の過剰摂取は血圧を上昇させてしまいます。
積極的に摂取すべき栄養素は、脂質の代謝を促進させる働きがあるビタミンB群や中性脂肪や悪玉コレステロールを減らしたり血圧の上昇を防ぐ働きがあるDHAやEPAです。
DHAやEPAは多価不飽和脂肪酸の一種で青魚に含まれています。

運動は、脂肪燃焼効果があるウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動が効果的です。
アミノ酸を摂取するとさらに脂肪燃焼効果がアップします。食事と運動で血栓を効果的に予防しましょう。

運動

溶かす薬や点滴にはどんなものがあるの?

血栓を溶かす薬や点滴には以下のような種類のものがあります。血栓とは、簡単に言えば血管の詰まりのことです。
血管が詰まれば血流も阻害され、これは組織のダメージにもつながります。そのため血栓は脳梗塞や心筋梗塞の原因のひとつです。

そのため薬などを使用して解消する必要があります。そのための薬として広く知られているのが、ワーファリンと呼ばれる抗凝固作用があるものです。
ただしその効果は個人によって異なることが多く、人によっては逆に血液の流れが促進され過ぎてしまい、出血傾向になる可能性もあります。
それから塩酸チクロピジンを含んだもので、血管手術や血液体外循環に伴い使用されることが多くあります。

以上は溶かすための飲み薬で、他には点滴もあります。
たとえばウロキナーゼや組織プラスミノーゲン・アクチベータなどです。
点滴は勿論ですが、発症より3~6時間内の脳梗塞の治療に関しては、静脈血管に直接、注射すると言う治療法がとられることも多くあります。

ただ血栓を溶かすだけでなく血管を溶かしてしまう可能性も否定できないため、そうなると新たな出血が発生することもあると指摘されています。
ですから種類の選定や治療法の選択に関しては、医師の指示に耳を傾けると共に、リスクについても把握しておく必要があります。

薬

最近話題のDHAにはどんな効果があるのでしょうか?実は記憶力や集中力を高めてくれるのですが、ある魚や食べ物に多く含まれていたのです!

魚に含まれるDHAは学習能力や記憶力に影響する栄養素で、不足すると集中力や記憶力が低下してしまうことがあります。

参考サイトはこちらです。→DHAやEPAってどんな効果がある